×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

2003年のやまぐち号です。


3月18日 試運転 津和野丸山附近で
(写真提供 鉄道君)


3月21日


出発式の模様から


今年から登場の、大正客車「展望室」

どことなく「即席」で作った感はありますが・・(^^;)
壁に素敵な絵でも描いたり、写真を飾ったりとかしても面白いんですが。

(あそボーイだと、飲み物や小さな子供が座れる台があるんですけど)


今回本格的に、デジカメで「定番地」撮影を試みました。
ただ・・「プロ」様銀塩カメラに囲まれ、只一人、
(望遠も効く)ウルトラズームっていうのは・・、
なんか皆様に申し訳ない気がします。^^ゞ


いつも年度初めの「運転」は、
一号機が輝いて見えますね。

そして、いつもここに来るたびに
「おかえりなさい、元気で帰ってきたね。」と
話しかけたくなります



今年から、津和野での
「展望客車付け替え」は無くなり、
引き込み線入れ替えのみで、
作業は終わってしまいます。


津和野を発つ、シゴナナ一号機(上)
長門峡出発(下)

当日は珍しく暖かで、気温も20度近くになり
煙の棚引きもあまり長くありませんでした。

でも、奇麗にこだまする汽笛が
盆地に響くのはいつ聞いても感動しますね。


続きます