×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

表紙に戻ります

1.C57とは・・


製造初年 1937(昭和12)年 
(3月22日に一号機が落成した)
軸配置 2C1(前輪2,動輪3,従輪1)−パシフィックスタイル
最大長 20280mm(20330)

最大幅 2800mm

 

最大高   3945mm
動輪直径 1750mm
シリンダー
(直径)500mm(行径)660mm
使用圧力 16.0kg/平方cm

 

 

機関車重量 67.5t
炭水車重量 48.0(47.46)t
火格子面積 2.53平方m
シリンダー牽引力 12.8t

 

最大図示馬力 1290PS
最高運転速度 100km/h
製造車両数   201 
製造会社 川崎車両 汽車製造 三菱重工 日立製作所

 

(括弧数値は180号−三次形です。)

 

「貴婦人」C57型は、1937(昭和12)年〜1947(昭和22)年迄に、
201両製造されました。
元々は、
前身のC55形の63,64号となるはずが、
改良設計が入り、新たな形式“C57”として誕生
したのです。

改良された点

ボイラーの板厚を14→16mmにし、蒸気圧力を14→16kg/平方cmに昇圧した
(以後、C62までこの圧力を越えた機関車は出てきませんでした。)
ボイラーの円筒の先に丸みを付けた
シリンダー直径を10mm縮めたが、
その分シリンダー牽引力を
11.6→12.8tに強化させることができた。
D51から採用したボックス型の動輪を、旅客機関車では初めて導入した


一方で、C55の共通部品を多く使っていて、共通化も図っているのです。
(そのせいか、C55は姉妹機として「女学生」と愛好家は言うそうです。)


戻ります